きららの日記~日々の出来事~

函館出身、ほぼ群馬の埼玉在住のGLAYファンが、日々の出来事を書いてます♪

Top Page › ブログ引っ越し前日記 › 老後の現実
2011-10-17 (Mon) 22:34

老後の現実

一時様態が危なかった函館の叔父、今は何とか安定してます。



最初に入院した病院から、違う病院に転院し、そこも3ヵ月と言われていましたが、あと半年いられる事になりました。



先日、もう3ヵ月経ったので次どうするかって話になってましたが、まずはひと安心です。



何せ叔父は、家族がおりません



呆けてはいないものの、食事ができず点滴のみの寝たきり状態で、要介護5になりました。



次は、介護付き有料老人ホームの入居を考えなければなりません。



費用の安い所は、待ちが100人とか200人と言われてるので、すぐ入れる所は当然費用が高い



市内のおそらく空きがあるだろう某ホームは、入居一時金が520~810万円



月額利用料が13万円~16万円




おそらく、要介護5の叔父は最高額でしょう



ショートステイで、施設を転々としてる人もいるけど、叔父の状態じゃ無理かと思われます。



私の函館の友達は、ほとんどが病院と介護施設で働いてて、色んな話を聞くんですが…



とにかくお金持ってないと、老後は悲惨だよって言われます



ホントだよね



半年後には、決断しないといけません。



高齢で、自分のことだけでも大変な叔父の妹夫婦とうちの母親が参ってます。



でも、今のお年寄りはしっかり年金貰ってるからいいけど、私達の老後はいったいどうなるの



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-20

Comments







非公開コメント