きららの日記~日々の出来事~

函館出身、ほぼ群馬の埼玉在住のGLAYファンが、日々の出来事を書いてます♪

Top Page › ブログ引っ越し前日記 › いいふりこきのがんべたかり
2014-05-14 (Wed) 21:10

いいふりこきのがんべたかり

今、この本を読んでます。



  



3月に函館に帰省した時買いました。



埼玉に住んで20年以上、もう方言使ってないと思ってたら…



「トランプのてんきる」が標準語じゃない事を、この本読んで知りました



シャッフルするって事なんですけどね



そして、大ウケしたのが…



「いいふりこきのがんべたかり」



恰好をつけてるが、恰好の悪い人と、この本では訳してありました。



「がんべ」とは、頭にできる湿疹やかさぶたの事なんですよ。



Facebook友さんが…



「いいふりこぎのしらみたがれ」とも言うってコメント頂いたんですが、たしかに言う



後で発覚したのですが、このFacebook友さんの実家がうちの実家と近くて、小、中学校同窓でした(笑)



同じ函館市内でも、実家のある地域は訛りが強いと思います。



訛りというより、言葉が荒い



この本、北海道弁で読む古典名作選が載っていて、川端康成の「雪国」の出だしが…



「国境のなまら長いトンネル抜けたら雪国だったんだわ。」っていう感じで、北海道弁で書かれていて、すごい笑えます



いや~、なまらおもしろい



興味のある方はいかかですか



商品がありません。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-20

Comments







非公開コメント