きららの日記~日々の出来事~

函館出身、ほぼ群馬の埼玉在住のGLAYファンが、日々の出来事を書いてます♪

Top Page › 病院 › コロナ禍の人間ドック
2021-03-23 (Tue) 17:26

コロナ禍の人間ドック

無事に人間ドック終了しました

コロナ禍で、色々と勝手が変わっていました。

ドック用のスリッパじゃなくて、自分の靴のままとか…

肺機能検査は実施しないとか…

ドック室の椅子の配置も、ずいぶんと変わっていました。

お楽しみの人間ドックランチは、お持ち帰りのお弁当でしたね。

  DSC_9509 (002)

お弁当だと、サラダ等が付かないのはちょいと残念だけど、空腹で一気に食べてしまいました(笑)

美味しかった~

診察の若いドクター、なかなか軽かった

「ぶっちゃけさ…」

…ってノリだった(笑)

最近、真面目を絵に描いたような若いお医者さんが多いので、なかなか新鮮でした

コロナ禍のせいなのか、年度末のせいなのか、人間ドックは私だけでした

3月は穴場のようです。

外来も比較的空いていて、いつもなかなか予約が取れない乳腺外来は、あっさり来週取れてしまった

来週は、歯医者もある

何本も採血して、胃カメラもした日に、何も草むしりしなくてもね…

  IMG_20210323_141840_836 (002)

長期留守したのが冬場だったので、取りあえずゴミ袋1袋で済みました。

家の周囲も除草剤が効いてたみたいで、生えていなかった。

夏場はそうはいかないので、次回留守する時は、業者さんに頼もうかな?


そういえば先日、母親の採血に付き添ったけど、なかなか血液取れなくて看護師さん達が大変そうでしたよ

看護師さん4人が見守っていて、ダメなら私次行くよ的な雰囲気でした。

高齢のせいもあるんだろうけど、昔から血管が見えないらしく…

本人も何度も針刺されて大変だよね

私はお陰様で、簡単な血管のようです

スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-03-23

Comments







非公開コメント