きららの日記~日々の出来事~

函館出身、ほぼ群馬の埼玉在住のGLAYファンが、日々の出来事を書いてます♪

Top Page › 映画 › 映画「自宅警備員と家事妖精」
2021-11-26 (Fri) 21:46

映画「自宅警備員と家事妖精」

函館が舞台の映画「自宅警備員と家事妖精」「シネマ太陽」で観てきました。

  PhotoCollage_20211126_132330810.jpg

埼玉では映画館の会員だし割引の日じゃないと観ない私、何の割引もなくて悩んだけど、明日からは予定が立たないので行っちゃいました。

今の函館らしさが出ていて、とても良かったです。

上手く言えないけど、経営的に先がどうなるかわからない状況で始めても、人脈で上手にお商売をされている方が多く、映画の最後の方でそれがよく表現されていました。

本州に出てみて気づいたのですが、函館は人との結びつきが強いお土地柄だと思います。

地味ですが、よい映画でした


帰りに、青柳町会館の「無印良品」の移動販売を覗いてみました。

  DSC_1154.jpg

  DSC_1156.jpg

こちらの布バッグに入れてもらえました

  DSC_1155.jpg

町内以外在住の方でもOKだそうで、次回は12月24日のようです。

高齢の方はとても助かると思います。

うちの母親を見ていても、生協の移動販売車でなんとか買い物できていました。

冬場は特に買い物が大変な方が多いと思います。

「無印良品」のある五稜郭まで行くのも大変だし、あの店内を見て歩いて買い物するのはハードルが高い。

町の会館だったら行ってみようって思う方がいらっしゃると思われます。

西部地区は特に、このような催しが増えてくれると良いな。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-11-27

Comments







非公開コメント